福井県坂井市丸岡町にある称念寺は、養老5年(721年)から続く歴史あるお寺です。南北朝時代の武士、新田義貞の遺骸が手厚く葬られ墓石が建てられています。

近況報告

住職も皆さんのおかげで、2017年も元気に新田公の顕彰に励んでいます。

3月
新田義貞公680年忌法要実行委員会が開催されました。
4月
昨年、本堂・中雀門の胴屋根を改修しましたが、今年さらに外壁工事を始めました。
6月10日
本堂外壁塗装・壁の補強工事等を、完成しました。
6月12日
新田公墓所内の石灯篭を、修復しました。
6月
7月2日の新田公法要に備えて、長崎地区住民・青壮年会・婦人等の清掃奉仕がありました。境内が、とても綺麗になりました。
6月20日
NHK・FBCテレビ・新聞で、境内の菩提寺の花が紹介されました。
7月2日
新田義貞公680年忌法要。
9:30~稚児行列
12:45~法要・法楽は成願寺踊念仏
14:00~記念講演会『元気で長生きできる念仏の教え』
※講師:一向寺住職・医学博士 峯崎賢亮師

※境内修復の募金活動は、継続中です。一口3,000円です。本堂内部の修復募金活動も、始めました。無料・有料のパンフレット等が本堂前にあります。