福井県坂井市丸岡町にある称念寺は、養老5年(721年)から続く歴史あるお寺です。南北朝時代の武士、新田義貞の遺骸が手厚く葬られ墓石が建てられています。

称念寺の近況(最近の様子をお伝えします)

住職も皆さんのおかげで、2018年も元気に新田公の顕彰に励んでいます。

2017年

7月2日
新田義貞公680年忌大法要が開催されました。大盛況でした。
7月2日
称念寺叢書8冊目の『称念寺のあゆみ』が発行されました。
10月24日
台風で、倒木の被害。雨で本堂内の床・石塔・塀が、大被害を受けました。
12月26日
本堂内部の塗り替え・補強修復工事が終了しました。塀も修理が済みました。
12月31日
昨年に続き、午後3時からの除夜の鐘を実施し、NHKの取材がありました。

2018年

1月1日
修正会で、皆さんの一年間の幸せを祈りました。
1月15日
本堂内の床・窓等の修理が完了しました。
2月8日
大雪で、庫裡その他の建物屋根・立木等が大被害を受けました。
3月30日
坂井市教育委員会の支援で、倒壊した九重の石塔が修復できました。
5月28日
雪害による庫裡の屋根修復工事が終了しました。
6月8日
地元2社の新聞社紙面に、境内の菩提樹の満開の様子が紹介されました。
6月15日
称念寺叢書9冊目の『白山信仰と泰澄大師』が完成しました。
6月30日
新田公681年忌法要 12時40分より~

※境内修復の募金活動は、継続中です。一口3000円です。無料のパンフレットが本堂前にあります。分譲墓地の販売も継続中です。

今年は、称念寺の未指定古文書を坂井市指定文化財にするために、研究活動中です。