福井県史跡 新田義貞公御墓所 称念寺(しょうねんじ)

住所:〒910-0383福井県坂井市丸岡町長崎19-17 電話番号:0776-66-3675
称念寺トップページへ戻る

称念寺住職法話

称念寺住職の法話1

山門
山門

明治以降の日本は富国強兵へと進み、戦後は高度経済成長を目指してきました。自分たちに物があふれ、お金持ちになれば、幸せになっていくと考えられて、がんばってきました。しかし一旦、経済の成長が落ち込み、成長のひずみや不幸な事件が起きる事に、多くの人が成長に乗り切れない閉塞感を味わっているのではないでしょうか?伝えられてきたものを大切にし、その中で充実感を味わうことを、多くの人が忘れてきているように思います。余分なものを捨て切って生き抜いた一遍上人や、新田義貞公の生き方は、すがすがしく見えます。こんな立派な生き方は、なかなか真似ができませんが、少しでも参考にしたいものです。

 

仏教では「生死一如」と言って、色々な価値観・雑音に迷わされることなく、ただ今を真剣に生きよと述べます。真剣に生き方を伝えながら、人々に優しく生きた新田義貞公(天竜川の船橋の例えや、部下の稲刈りの件等)。すべてを念仏の教えに集約しながら、各地の神社仏閣の神仏とも交流を図った一遍上人。ともに、優しさや身軽さを忘れていません。しかも、驚くほど困難にぶつかっても、ぶれていませんね。偉大な人ほど、こだわらない大きな心を持てるのでしょうか?お二人の生き方の魅力は尽きません。一度皆様も、お二人の生き方を尋ねてみませんか。

住職  高尾察誠

称念寺住職の法話2

車を運転して駐車場に入れようとした時、電車に乗って座席に座ろうとした時に、最近は自分さえよければと言う人を見かけませんか?また公共施設を皆のためにきれいに使おう、と言うマナーも薄くなったと思いませんか?テレビを見ても、お金や権力にまつわる眉をひそめるニュースが絶えません。今も、南北朝時代の670年前と余り変わらない、価値観の混乱やエゴイズムが氾濫しているように思えます。新田義貞公はそうした時代に、ぶれることなく誠実に生き抜かれました。足利氏との戦いに裏切られ、負けて続けて戦死されましたが、この長崎称念寺で周囲の方々に尊敬され、厚く今日まで敬われてきました。新田公の権力や財力よりも、大切なものを見失わなかった誠実な生き方に、崇敬の念が続いてきたからでしょう。

こんな現代だからこそ、この日本一の至誠の武将、新田義貞公の生涯を、もう一度振り返ってみるべきではないでしょうか。 

住職  高尾察誠

称念寺住職の法話3

昔はよく「周りは見ていなくても、お天とう様が見ている」と、年配者が言っていました。だれも見ていなければ、ゴミくらい周辺に捨ててもいいやと言う風潮の今とは、えらい違いですね。また、今は自己実現こそが大切だとか、今の評価・充実感こそが一番だ、とかの意見も目につきます。やはり昔の「周囲が認めてくれなくても、天下の神仏がちゃんと評価して下さる」は、死語になってしまいました。困難な中で大きな権力に立ち向かった新田義貞公や、明智光秀公は、どういう気持ちで戦い続けてきたのでしょうか?コツコツと、皆のために地道に努力するは、時代遅れなのでしょうか?お二人とも、成功者でもなく、むしろ悲運の武将でした。しかし今日に至ってみると、不思議にも670年を過ぎても地域の民衆に暖かく慕われています。よほどじかに接した人たちには、よい思い出を残したのでしょう。今、芽が出なくても、今スポットライトが当たらなくても、ごまかさず・くさらず・あきらめず・皆のために努力した新田義貞公と明智光秀公!こんな生き方も、とても魅力を感じる今日この頃です。隠匿(いんとく)は、死語にしてはいけませんね。至誠(しせい)も、死語にしてはいけませんよね。こんな人物こそが、新田義貞公・明智光秀公です。一度皆様も、お二人の生き方を尋ねてみませんか?

住職  高尾察誠

ページトップに戻る